「いもっち」と「ちゃみ」

「いもっち」こと雄規さんは、ガーコ。
「ちゃみ」こと麻美さんはケロタン。
無茶なことが大好きなエクストリーム系夫婦。
雄規さんは自衛隊員。
麻美さんも元自衛隊員ですが、出会いのきっかけは友人たちと一緒の鍋パーティです。
VFSH0078.jpeg
受付では二人のお気に入りのキャラがゲストをお出迎えです。

二人は自分たちで演出プランを立てていました。

・使用する音楽はすべて指定。
・名札用のカードホルダーはお二人からのプレゼント。
・手づくりのプロフィールシートをゲストに配布。
・新郎の出身地八戸市観光ガイドブックも配布。
・人前挙式のリングピロー用のバスケットは新婦母と祖母の合作。
・挙式で使われた婚姻届受理証明書はイーゼルに立てるほか、二人の思い出の品を飾るメモリアルコーナーを用意。

VFSH0082.jpeg
・司会からのプロフィールご紹介の後には二人で撮影しあったスキーテクニックの映像を流す。
・乾杯の後に和食と洋食の料理長からそれぞれお料理を説明していただく。
・ウェディングケーキとしてクロカンブッシュに入刀する。VFSH0080.jpeg(もちろんゲストに後で食べていただきます)
・メッセージBOOKを場内に回して友人たちに書いていただく。
・お色直し退場時に祖父母に記念品贈呈。
・新婦が着る黒留袖はかつて新郎の母も結婚式で着用したもの。
・新婦はお父さんと親子傘で入場。
・友人スピーチ時、指定の登場曲を流し、高砂席まで来て話してもらう。
・新婦主催の抽選会をする。(シナリオあり、ホテルのスタッフも寸劇風に登場)
・キャンドルサービス時、友人にメインテーブルに並んでもらいキャンドル隊を編成する。メインキャンドル点火後二人を囲んでキャンドル隊と記念写真。
VFSH0086.jpeg(やり方は新婦作のイラスト入り説明書参照)
・二人退場後新郎作エンドロール上映あり。

なかなか充実のラインナップです。

ご両親への記念品贈呈は次のような品でした。
新婦はお母様の好きなトトロの人形と小さな頃の新婦に似ているメイちゃんのお人形。
写真や山やスキーの好きなお父様へデジカメ。
新郎は旅行好きのお母様に旅行券。
お父様には晩酌用のサントリーレッド超特大ボトル。

それぞれ品物が紹介されるたびに起こる笑いと拍手。

その後、新郎のお父様の、気取りのない南部弁での両家代表ご挨拶にも大きな拍手が送られました。

エンドロールにはスタッフの名前があり、私も自分の名前が登場した時はとても嬉しく思いましたー。

何やかんやの3時間。
私も心底楽しんだ披露宴でした。
VFSH0085.jpegゆうきさん、麻美さん、ありがとう!

「いもっち」と「ちゃみ」」への1件のフィードバック

  1. 田仲昌子 様

    先日は大変おありがとうございました。
    何度も何度も変更・追加がありかなり大変な進行になりましたが
    臨機応変に対応していただき、素晴らしい司会だと感心いたしました。
    新婦さんは、次の日の朝熱発しダウンしてしまい、インフルエンザにかかったとの事。
    とても頑張っていたので、燃え尽きたのでしょうか・・・後日改めて感想を聞いてみたいと思います。

    いずれにせよ、田仲さんを含め皆さんに助けられなんとか終える事ができました。
    感謝しております。
    今後もよろしくお願いいたします。お疲れ様でございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください