時間と演出のバランス

新婦がドレスを4点着用したいと希望なさいました。
時間が厳しいので、挙式の時のドレスは写真をウェルカムボードにしてゲストにご覧いただくようご提案。
36515626721.jpgティアラをつけた前撮りの写真はまるでドレスのモデルさんのよう。

さて、パーティの時はドレスは3点だし2時間40分の進行なら大丈夫、と思ったら大型余興を4組リクエスト。
さらにテーブルサービスをご希望です。
うーん、厳しい。

ご希望をかなえるために、新郎側の大型余興は新婦がお着替え中の2度の場面でお願いすることに。
その余興は、披露宴が済んでから後でDVDで楽しんでいただくことで了解を得ました。
新婦参加型の内容かもしれないので、それは新郎からあらかじめ余興の方達に伝えていただくことでクリア。
お二人にとって絶対に譲れないことから優先順位をつけていただききます。

新婦側の余興内容は前もって会場に連絡をお願いし、当日は時間が近づいたらステージそばにスタンバイしていただくなどしましょう。
3点のドレスもテーブルサービスも新婦のこだわりの部分です。

「できません」とお断りするのは一番簡単。
それをできるためにどうするのかを工夫するのってなかなか燃えます。

家に帰ってもあーだこーだと考えながら家事してたり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください