童謡の歌詞

「花嫁人形」という童謡の歌詞の一部を愛娘の和装の時に読んで欲しいという希望がお母様からありました。
67a0252bbe96ad16「金襴どんすの帯締めながら 花嫁ごりょうはなぜ泣くのだろう」という部分です。
「和」を基調とした格式高い結婚披露宴が来月行われます。

さて、どの場面でこのことばを入れるのが効果的かしら。
親御さんの気持ちになり、また花嫁さんのこころになって、ふさわしい場面でナレーションしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください