思いやり

パーティの中で、お母様手作りのブーケ・お母様と合作のクッキー・さらにお母様からいただいたネックレスのご紹介を希望された新婦。

image打合せをしているうちに少し考え込んで、こうおっしゃいました。
「ネックレスのことは紹介はしなくていいです。それから、司会者さんにお願いがあります。」
「何でもどうぞ。」
「あまり私の母のことだけを紹介していただくのは気がひけるので、彼のお母様に一言おことわりをしていただけないでしょうか。」

6e4306e2b2d5c608

当日、新郎のお母様のお席に伺い、ナレーションの中に何度か新婦のお母様のことをお話しする機会があることをお伝えしましたら、「そんなことを気にしていらっしゃったの? なんてやさしいお嫁さんでしょう。ちっともかまいませんから。」というお返事をいただきました。
さらに「結婚披露宴は花嫁さんが主役ですから気になさらずに」とも。

8dbe4f759a26c2c8

控え室の新婦にお伝えしたら、彼女も安心の笑顔。

ゲストに喜んでいただくことや披露宴全体の成功を願う司会者ですが、今回の新婦の思いやりからまたひとつ気づきと学びを得られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください