ミニねぶた

ねぶたは県内あちらこちらで作られていて、自称「ねぶた師」も数人知っています。

市内鶴ヶ坂地区にも毎年ねぶたが飾られます。
小ぶりですが、ことしは太宰!

P1010377ねぶたは三国志や歌舞伎の題材が主ですが、青森県にゆかりの作家を登場させるのは目を引きますなぁ。
 

顔はねぶた風な険しさが眉のあたりにあり、と太宰治のポーズが決まってます。

その家からはねぶた音頭の音楽が聞こえてきます。

祭の一週間、お囃子に、引き手に、跳人(はねと)に、化人(ばけと)に参加することを最上の喜びとして一年を過ごすような人たちを『ねぶたバカ』と呼んだりします。
このねぶたの作者もそんなお一人のような気がします。
ちょいと気になる存在です。

ミニねぶた」への1件のフィードバック

  1. 知ってます知ってます。
    毎年ありますよね、今年のは特に目をひきます。

    私もねぶたバカですからこんなニュースには反応してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください