箱入り少女

なべげんの演劇を観に王余魚沢小の元校舎へ。
この作品「箱入り少女」のオチは「シックスセンス」的でした。
P1010444

 

P1010431

 

校舎の外には、りんご箱に座る人形。

P1010433

 

 
うっすらと笑みを浮かべて頭部の骨を持ってるように見えます。 

P1010440これが室内につながる作品となり、

 

 

その教室が公演会場。
P1010435

 

 

少女の両足がちぎれて、りんご箱を上っていくちょっと怖い人形がありました。

さて、演劇の方はネタバレにならないようにしますが、私は途中で学校の用務員さんが亡霊だと思いました。
後半、教師の読む雨月物語がお経のように聞こえてきて…。

大詰めは、「そうだったのかっ!!  そうきたか!」でした。
いやー、この意外性がおもしろかった。
1000円分楽しみました。

P1010442

 

 

校庭の一角、元は校長先生の官舎だったという所が現在はふくろう写真家の蛯沢博行さんのアトリエとなり、本日公開。
地元浪岡の方との交流も楽しんでいる様子です。

わたし今日は芸術の秋しちゃった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください