DaiさんとMeguさん

今回の新郎からは、パーティのご自分のイメージを大切に伝えようとしていらしっしゃることが感じられました。
プロフィールの中の言い回しも二度ほど変えて提案くださり、なるほどとうなずくことしきり。

P1010548

P1010550

 

P1010551

 

 

 

P1010552

P1010554

会場のお支度がだいたい整い、一時間ほど後には開場できるというところに新婦のお友だちがエンターテイメントのリハにやって来ました。
P1010555

 

「ここでターンね」「次は二人ずつになって」「もっと近づいてみようか」
「あーん、本番グダグダになったらどうしよう」。

P1010556

一通り練習も済んだ頃、お子様ランチやケーキも用意されました。

P1010558

 

 

 

 

パーティではお二人から提供された50枚の写真のご紹介。
あえてコメントを入れない箇所もあり、見た人のイメージでふくらませていただく仕組みです。
こういう感覚って新しい!

ドレスの新婦とエスコートのお父様の前をフラワーガール・フラワーボーイが花びらを蒔きながら先導しケーキの側で待つ新郎にお引渡し。

P1010559

 

ご入刀の時もとっても落ち着いていたお二人です。

 

P1010560

 

 

余興はいよいよ本番。
リハの時の心配なんかちっとも関係ないノリノリのガールズたちでした。
歌の途中で、仲間からの寄せ書きフレームが贈られました。
P1010562

 

職場の恒例だそうです。
きらきらのシールや写真のコラージュ。

メッセージがぎっしり。

さて、こちらはケーキコーナーです。
P1010561

カットのラインに沿って各自がお皿に取り分けます。
コーヒーもご一緒に、どうぞ召し上がれ。

 

 

P1010563ご家族へのお手紙を心をこめて読む新婦。
Daiさんから注がれるまなざしが優しくて、Meguさんが泣きそうな時はそっと背に手を当てて支える様子がありました。
P1010565

 

Daiさんのプロデュース力はパーティ中もゲストが気持ちよく過ごしているかを気にするような表情でわかりました。

 
パーティ中ゲスト席から「あらぁ、田仲さーん!」と声をかけてくださったのは看護師さんご夫妻でした。
「私たちの結婚の時もとっても楽しかったです。ほんとに司会ありがとうございました。」とニコニコ。
「おかげ様で赤ちゃんも無事に誕生したんですよ」とお二人とも携帯画面を開いて見せてくれました。
司会って、こんな再会もある幸せな仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください