「津軽」お稽古最終日

豊田一輪車クラブの生徒さんたちはきちんと挨拶しますし、誰に対してもことばは丁寧語です。

技はもちろん一流。
演劇「津軽」は彼らの力によって高まっています。

お稽古最終日の今夜、豊田児童センターの庭のよく熟れた柿を二個、みんなに下さいました。

さて、27と28は東京公演です。
ドラリーの私たちは開演のアナウンスやお弁当配りやお席案内・チケット販売の窓口業務なども。

一所懸命に楽しんできます。

「津軽」お稽古最終日」への2件のフィードバック

  1. 昨年の金木公演、そして今年の新宿公演と、
    幸運にも出演させていただくことができた素人です。
    ドラマリーディングのみなさまにはたいへんお世話になりました。

    実は、今回こちらのブログを訪れて、そういえば昨年9月にも
    芦野公園駅での舞台の感想を田仲さんがこちらで紹介されていて、
    そこに私がコメントを残して、一言だけおしゃべりを交わしていたのを
    今になって思い出しました…(汗)

    田仲さんは、てみさんともご縁のある方だったんですね。。。
    もしまた田仲さんとお会いする機会がありましたら、そのときは
    あらためて「しげさんの○○○です」ってちゃんと挨拶させていただきます!
    今回はほんとうにほんとうに、お世話になりましたー。

  2. しげさん、コメントありがとうございました❤

    お芝居は共同作業だってマジ思いました。
    俳優さんも裏方さんも同格なんだと実感しました。

    私は舞台袖で、登場を待つ俳優さんたちの集中した表情やモニターをくいいるように見つめるスタッフさんのことを陰アナしながら自分のことのように緊張して拝見していました。

    蟹田の大宴会の場面では笑いを抑えるのが大変でしたし、しげさんのギャグには思わず手を叩きそうになってしまいました。
    てみさんの登場するラストは毎回涙があふれました。

    ロビーの力仕事や接客でクタクタになりながらも、私も演劇「津軽」の一部なんだという充足感を味わいました。

    失礼な言い方かもしれませんが、しげさんがどんどん進化していくのがわかってとても嬉しかったです。

    こちらこそきちんとご挨拶せずに失礼しました。
    ゴールデンウィークの公演も楽しんでくださいませ!

    私はこれからもみなさんのサポーターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください