翠明荘へ

女の小正月のつもりで友だちと弘前へ。

ここはしばらくぶりの翠明荘。
優雅な気分のランチは3000円弱。
玄関先にはお雛様。

女将さんが「私たち津軽人はもてなしの練習ができていないみたいで、とっても残念に思います」。
「例えば軒下を指差して『わぁー、あれはホンモノのつらら?  』と驚いたり喜んだりなさいます。こんなこと?と思うようなことが遠方の方にはもてなしになったりします。それなのに青森には何にもないと自信を持っていない方が多くて…」。
なるほど、なるほど。
「車がブレーキをかけた時に屋根の雪がフロントガラスにどさっと落ちてきたのに感激したり、つるつるの道をさっさと歩く姿を不思議がったりします。」
「特別にホスピタルって構えなくても接客は人間力だと思いますよ。」

人をそらさない気持ちのいい接客から司会の態度に結びつくことをいくつか学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください