暴力への怒り

私の関心のひとつに「暴力を許さない」活動があります。
DVや性暴力などの犯罪にあった方たちを支援する活動にかかわっています。

被害を体験した方を無条件に受け止める人が増えることを願って
加害者が極めて厳しく罰せられることが当然の社会になることを願って
怖い、悲しい、悔しい、という気持ちを吐きだせる環境が整うことを願って
性暴力被害に巻き込まれた女性をお招きしてお話を伺う講座を企画しました。
開催は8月21日(日)の午後。

青森においでいただくのは小林美佳さんです。
ご自身が性暴力にあったという体験やその後のことを著書になさいました。

写真は彼女の著書です。
「性犯罪被害にあうということ」と「性犯罪被害とたたかうということ」。
理解したくて理解したくて何度も読みました。
暴力への怒りが泡立ちます。
同時に彼女への尊敬の念がわきます。

彼女とメールでやりとりを始めています。
文面からもとてもチャーミングな方だと感じました。

講座への出席は年代も性別も問いません。
青森市男女共同参画プラザへお申込みください。
申込み先着50名です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください