この頃は断捨離

婚礼の司会では使わないことばが並びました。
「断つ」「捨てる」「離れる」。
めでたくないことばですが、このごろ私生活ではこれにはまっています。

タンスの中が片付きはじめ、食器棚の食器が美しく並びはじめ、家中どこになにがあるかすべて把握できそうな勢いです。

それでもついつい手放せなくなってたまっている物を、必要とする人や場所に移すということを心がけ始めたら部屋の模様替えも楽なこと楽なこと。

不要で不適で不快なものが入ってくるのを『断つ』ことにはとても納得。
次の『捨てる』ことにはとても勇気がいりました。
そのモノが自分の人生にどんな役目を持っているかを考えて「えいっ!」。
モノへの執着から『離れる』ということにも納得。

買ったときいくら高くてもリサイクル店では驚くような買取価格。
でもそれがまた余計なモノを求める抑止力に。

この頃は断捨離」への1件のフィードバック

  1. 私もやってます。
    断捨離。
    ウソみたいにうちの中が片付くし、無駄なものを買わなくなりました。
    これって本当に必要なもの?と自問自答できるようになり、結果としてこれは本当になくてはならないと思う人に買ってもらえばいいんだと納得して売り場を去ることができます。
    だからあとで買えばよかったと後悔することもありません。
    ホント、いいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください