ブルーマンたち

デートDV防止の講座で東京に行きました。
ついでに彼らに会いに行きました。

ブルーマンショーです。

演出の都合上という理由でホールで白い紙が渡されます。
「頭など、目立つところに巻いてください」と言われて私はカチューシャのリボンにしました。

楽屋裏にカメラがどんどん入ったり、お客様をステージにひっぱり上げたり、会場に下りてジェスチャーで食べ物を投げさせて口で受けるとか。

打楽器のパフォーマンスも工夫が一杯。

目は口ほどに物を言うってことを実感しましたが、私のような司会者が司会中に目だけで語るとしたらどんな場面?

顔面や青い手が実はどんなふうになっているのかはどうぞ現地でお確かめを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください