フラリと出かけて

これは徐福さん。
中泊です。

堂々とかっぷくよいお姿なり。
始皇帝の命を受け不老不死の薬を求めて3000人の若き男女とともに日本に来た方らし。

折鶴願いぶみに思いを書いて結びました。

折鶴願いぶみ発案者で民話の師である対馬てみさんを訪ね、ついでに徐福の里に足を伸ばしたある日。

今回は九州からてみさんの民話を聞くために訪れた女性も。
てみさんの朗読「小説津軽」は何度聴いてもいい。
ちょっとパワーダウンした時は彼女に会いに行きます。

10/25はカダールでてみさんの講座を開きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください