民話でほっこり

中泊から民話語りびとの対馬てみさんをお迎えしました。


インタビューで話を引き出して欲しいとてみさんが希望され、田仲が司会進行を担当。

緊張の様子から笑顔になり、おちゃめな表情に変わり始めるとお話も絶好調。

ご自分のからだを使って中泊の地理説明。

わっかりやすーい!

参加者みんなニコニコ。

昔話はもちろん、ピアノでわらべ歌も。
童心に帰りお客様と「せっせっせー、夏もちーかづーく八十八夜、っとんとん」。

司会なのに一緒に歌って手遊びしてヾ(゚0゚)ノ゛。

てみさんみたいに相手を緊張させないあたたかい人って大好き。

てみさんを“一流びと”って思います。
こんな方とご一緒させていただくと気持ちがほっこりするものですね。

 かつてご来賓にお名前を確認にあがり「オレのこと知らないって、モグリか」と言われたときのことを思い出し、おっしゃった自称一流さんと比べてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください