病みあがり仙台

どうしても会いたいフェルメール。
風邪でせきがとまらず、のどをやられてアナウンサー生活に不安を抱えつつ、それでも這うようにして宮城県立美術館へ。

ギャラリートークも嬉しく、たっぷり3時間絵を楽しみました。

手紙を書く黄色いドレスの女性の絵の前で変な感じに。

そこだけ浮いているよう。
私もその彼女も。

そんな体験しただけでも満足です。

さぁ100万都市仙台を満喫するぞーと風邪を忘れて街に飛び出し、見つけたのは人力タクシー。
脚力と電気も使って移動。
ドライバー免許は不要。

目的地との運賃の決め方は、手持ちの地図上で直線距離を測って出すのだそうです。

 ちなみに三越から仙台駅まで2人で800円なり。
裏路地をチリンチリンと走って名店前を通過するたびにガイドしてくれるドライバーさん。
道行く人が注目し、手など振り、とても気分よし。

 

売り上げの全額が収入ですって言ってました。
チップを少しだけ差上げましたら、サービスですって仙台駅から高速バス乗り場までただで乗せてくれ、ラッキー。
仙台にお出かけしたら乗ってみる価値あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください