演劇

『ぷっぷかぷう』という、鹿内仙人と呼ばれた男性の物語が上演されます。

2/10と11にアウガ5階で。

青森県立美術館のドラマリーディングクラブ員や知り合いが数名登場しているのでPRに協力。

当日チケット1800円。

主人公の鹿内辰五郎さんは酸ヶ湯の山案内人で、ラッパを吹き鳴らして観光客を迎え遭難者の捜索にも協力し勲章も受章した人でした。

温泉湯治の仕方を教えたり演芸でお客様を楽しませたりもしたホスピタル精神あふれる人です。
棟方志功とも交流がありました。

  ←写真はネットから。

その棟方志功が揮毫した石碑が八甲田山の地獄沼そばにあります。
実際にお会いしたかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください