ぷっぷかぷー

 劇団『青森どまんなか』代表の本間正子さん。

鹿内仙人が7歳の時他界する母親の役でしたが、ジーンとくる死にっぷり。
姑の斉藤千代子さんのそっけなさが絶妙。

墨絵の八甲田山が存在感アリ。

青森どまんなか旗揚げ公演、鹿内仙人物語「ぷっぷかぷー」は青森を誇らしく思える内容でした。

満足。

ぷっぷかぷー」への1件のフィードバック

  1. 応援ありがとうございました。
    私のような素人でもみなさんに引っ張ってもらって、なんとかかんとかやれました。

    思いがけない人生になりました。
    演劇なんて…と思っていましたが、斉藤千代子さんの魅力と本間さんのパワーに助けられて旗揚げ公演の一員になることができました。

    五月にまた楽しいことがありそうなので頑張ります。

    これからもよろしくお願いします♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください