婚活のためのコミュニケーション学

今夜は三沢市。

青森は雨。

三沢はもっと雪が少なくて、車はビュンビュン走ります。

会場に入るとすぐにニコニコと声をかけてくれた受講生のNさんは自分の好きなところが一個もないとおっしゃいました。

イケメンで笑顔が絶えなくて長身で、婚活パーティでは一番人気になれそうなのに。

二人一組になってほめ合うワークショップをしたら、相手からたくさんほめてもらって表情がゆるみ、感想を聞くと顔を赤らめ「嬉しい」とポツリ。

「ほめられたら自分も相手をほめたくなる」。

ほらほら、そんな思いやりもあるじゃありませんか。

「ウン」と納得してくれた様子。

人の短所を『こう考えてみよう』と、別の表現で言い換えることを考えてもらったら、どんどんその人のためにアイディアを提供し始めました。

Nさんのこんなにたくさんあるいいところを認めてくれる人は必ずいるよ。

自信を持たないのはもったいないよー。

彼は今日やったコミュニケーションのとり方を次の婚活パーティで使ってみると約束してくれました。

いつか新郎の姿になったNさんに会いたいな。

さぁ、来週はむつ市です。

がんばるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください