盛岡の六魂祭

  
祭運営の経験の豊富さを感じたスタッフさんの応対ぶり。

質問には笑顔でわかりやすく答えてくれますしさらに感謝のことばが出て、なんと気分よいこと。


パレードのトップの青森は市長がスローテンポながら跳ねてましたが本物サイズではない小ぶりのねぶた出陣でちょいと残念。


福島の巨大わらじは男衆に担がれてじぐざぐにお練り。
 
仙台のすずめ踊りの闊達な動きに見とれ、花笠音頭には手拍子しゃんしゃん。

   
さんさ踊りの軍団は見ごたえ十分に観客を圧倒。
盛岡には山車もあったんですなぁ。


倒れそうではらはらしながら見上げる竿灯もおもしろく、一日で一気に東北の祭を堪能。

長時間場所取りして待ったかいあった。

来年は青森だといいのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください