STEPという考え方

折笠先生という現役の教諭を山形県からお迎えし、現在の管理教育ではなく先生も生徒も真に安心して楽しんで学校生活が送れる方法をお聞きしました。

叱らない、ほめないのです。

彼の本を持っています。

自分でやったことは自分で責任をとるのでストレスが少なくてとても楽な考え方です。

認められ感や自分が必要とされてる感を持つことで幸せに生きられるっていうことばに「そーだそーだ!」。

2時間は短か過ぎ。

ライフワークにしたいと思えるものにまた出会ってしまった感じです。

大安吉日に司会がなくて寂しかったのですが、とてもお得感ある一日でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください