火を噴く夜

怪獣だったらガオーーーーッて感じ。

司会者辞典なんかがあったら、そこから飛び出したようなフレーズがぽんぽん。

司会者仲間とあーだこーだと日頃の情報不足を補う一夜でもありました。

なぁんだ、その思い私と一緒だったね、とか

えっ?! そんなこと考えてたの、とか。

こんな夜は司会者でよかったなと思うことが多いです。

先輩の支えがあっての私です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください