7/21

長男の誕生日。

片方が軽度ではありますが弱視で、親としてはただただ申し訳ないと思うばかり。

 

放射線についての勉強会で海外の子どもたちの現状をお聞きする機会がありました。
被爆した子どもたちは頭や足の特定の部位が痛むと訴えるそうです。

国は違えど、母親の思いは同じでしょう。
私は子どもと弱視を代わってやりたいと念じたりします。
それでも愚痴ることなく一所懸命に働いている長男に「生まれてきてくれてありがとう」です。
こんな親でごめんねって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください