大輔さんと広子さん

Pht0606241547.jpg“だいチャン”と呼ばれて親しまれている新郎はみちのく銀行の融資係です。
広子さんの勤務する富国生命保険相互会社に仕事で訪れ、一目ぼれ状態でした。

新郎は大学時代にラクロスというハードなスポーツのゴールキーパーを担当したそうですが、実にさわやかで誠実な印象のある好青年です。
趣味はスノーボードで特技は”どこでもすぐに寝ることができること”。
新婦は清楚で美しく、控えめな女性です。栄養士の資格もあり、小原流の華道のたしなみもあり、リフレクソロジーという足つぼマッサージも心得ています。
冬にはスキーもなさり趣味はお菓子づくりです。
3年ほどの交際を経て結婚に至りました。 

お二人が入場するまでの時間を、場内では挙式ビデオを上映しました。普段なかなか見られない大輔さんのピキンピキンに緊張している表情を、職場のお仲間も笑顔で見守りました。
乾杯の後、みちのく銀行の職員の結婚には必ず贈呈される”表札”のお届けがありました。
これはお二人のスイートホームの玄関に掲げられることになります。
一体いつ頃からの吉例なのかは不明だそうですがみちのく銀行の職員のご結婚に表札を贈呈するセレモニーは何十年も続いているようです。 

色打掛の退場の途中で両家のおばあちゃまに花束が贈呈されました。
ドレスの時、新婦はお父様とご一緒に入場しました。
握手を交わし合う新郎とお父様の姿はいつ拝見しても胸がじんとします。

Pht0606241748.jpg       
ウェディングケーキはホテルメイド。
シューでできたスワンが2羽くちばしを寄せ合っていて、白地に白いクリームでメッセージが書かれている上品なデザインです。
ケーキ入刀に続いてお子様から花束が贈呈され、テーブルスピーチ・余興の歌、ハンドベル演奏と続きます。
銀行のお仲間はオリジナルの歌と『花火3連発』と応援団風エールを披露してくれました。
私が一番気に入ったのは花火かなぁ。
しゃがんだ姿勢からパッと立ち上がり「ドンと鳴った花火だ、キレイだなー♪」と歌い、回りながら踊ります。
それを3列に並んで同じく繰り返すものでした。
エールも実にテンポ良く声もよく通り、思わず「カッコいーー!」と感想を述べた私でした。
それにしても盛上げ上手な方ばかりです。
銀行は生活に密着する存在だけに奉仕の精神は自然と身についているのかも。

最近ぎっくり腰になっちゃった新婦、腰が辛い場面もあったかもしれませんが笑顔をたくさん見せてくださいました。 

どうぞゆっくりとお休みください。
そして笑顔の絶えないご家庭をつくってくださいね。
お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください