尊厳死を考える

知人の依頼で講演会の司会をしました。
東北6県が順繰り当番県になり、テーマは「尊厳死を考えるin青森」です。
あさひクリニック院長朝日俊彦先生の「笑って大往生」のお話には笑い転げました。
必ず誰にでも訪れる『死』ですが、幸せな人生の延長線に『来世観』があるとその先のために何を準備したらよいのかがわかり、幸せ感が広がるとお話くださいました。
司会をしていても舞台のそででワハハと声を上げて笑っちゃう程朝日先生の語り口は軽妙でユーモアにあふれています。
ガン末期医療についてや痛みのケアーがどのように行われるのかも講演があり、尊厳死を法定化するように運動していることなども報告がありました。
興味津々の4時間は場内からの活発な質疑応答で結びです。07-09-01_20-24.jpg

司会という仕事をしながら学ぶ機会を与えていただいたことに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください