こうきさんと美代子さん

07-09-02_09-441.jpg新郎のこうきさんは高校を卒業後東京都庁職員として採用されました。
かなり優秀な学生さんだったことがわかります。
都庁では都営住宅の設計業務に就き、勤務しながら大学に通いました。
現在は母校の教員となり、かつての恩師に囲まれて充実した日々を送っています。
07-09-02_09-45.jpg看護師の美代子さんとは10才違いです。
実に清楚で慎み深く、やさしい笑顔が素敵な女性です。

4人のご来賓から祝辞をいただき、スパークリングワインで乾杯。
二人は知人のご紹介で出会い、披露宴では出会いをつくってくれたそのご夫妻に感謝の記念品を贈呈しました。
その後東京都庁時代、新郎が公私共にとてもお世話になった直属の上司もご紹介して拍手をいただくという運びです。
そこで私は、その方がお席から新郎にお祝いのメッセージを述べていたのに気付かず着席を促したため、お話を途中で遮ってしまった形になりました。
近くの席のお客様に教えていただくまでわかりませんでした。
そのことはご本人にも直接お詫びして、さらに場内マイクで自分の失礼をお詫びしましたが、もっとお客様の表情をよく見ていたらこんなことにはならなかったのに…と反省しました。
07-09-02_10-31.jpg新婦がドレスチェンジにおでかけになると、バンド「ザ・シテイズ」の登場です。
かつて先生と生徒だったメンバーで編成されています。
教師と教え子、つまり師弟です。
ということでザ・シテイズ。
ビートルズナンバーを次々と披露してくれ、場内は一気に和やかムードです。

余興は新婦のおじいちゃまの歌声「娘よ」からスタート。
新郎の職場のみなさんは学生服に黄色の安全帽でダンス・ダンス・ダンス。
新郎も引っ張り出されて踊りますがぶっつけ本番なので多少フリが遅れます。
見かねて親戚の子ども達が「こうき兄ちゃーん、ガンバレー!」と大声援を送りました。
新婦の職場のみなさんは日頃の美代子さんの仕事ぶりを上映しながら「ベストフレンド」の歌をプレゼントです。
新婦の職場での姿にはりりしさを感じました。
07-09-02_15-03.jpgこの日、お二人には進行時間にご協力いただき、ずいぶんと助けていただきました。

私にとって気になるのはお二人の満足度です。
この会場でよかった、この司会者でよかった、披露宴をしてよかったと思っていただくことが使命の私達。

これからのお二人にますますの幸せが訪れますようにと心から祈っています。
ご結婚、誠におめでとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください