浪岡の夜

『細野・相沢冬物語』に出かけました。
青森市役所からバス往復付きで飲み放題と地元の手料理おなか一杯食べて2000円!
東京からもお客様が来てました。
首に食券をぶら下げて、テントを巡ります。
08-02-02_16-47.jpg到着した時はまだ凧絵の制作中。
それが開会式を迎えるときには赤い墨も入ってライトアップ。
08-02-02_18-00.jpg久しぶりに昔の職場の人に会ったり、最近お世話になったばかりの方に再会したり、にごり酒の入ったカップを持ったまま話に花が咲きました。
08-02-02_18-04.jpgステージではお山参詣のお囃子や民謡や三味線演奏などなど。
大きな焚き火を囲んで見ず知らずの人たちともすぐに友だち気分です。
08-02-02_19-15.jpg250発の花火が夜空を飾り、クライマックスです。

すっかり酔っ払い、いい気分で帰途につきました。
あったかい地元の方々と触れ合い、幻想的な雰囲気の冬を過ごして大満足でした。
司会は地元の素人おじさん。
市長や区長を前にして、ずいぶんかんだり敬語の間違いもありましたが、それも素直に笑って済ませられます。
どこへ出かけても、やっぱり司会が気になる私。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください