メタリカファン

新郎はロックグループのメタリカが大好き。
迎賓のBGMも含め全曲をロック音楽で指定です。
08-03-01_17-09.jpgウェルカムボードには小さい時の二人の写真など。
メインテーブルの装花はやわらかい春色。08-03-01_17-221.jpg

ロックグループ「メタリカ」のテーマ音楽で披露宴は始まりました。
新郎のお気に入り曲でライブ感満点のご入場です。
お父様に介添えされた新婦の青い色打掛には桜の花びらが咲き誇ります。
08-03-01_17-21.jpgこのホテルはスィーツも自慢。
乾杯の後はこのスィーツコーナーにゲストが殺到しました。
ここのケーキもパンもとってもおいしいことをよくご存知のお客様たちです。

余興は和田アキ子さんを真似た「まだアキ子」さんの登場。
「もう一度ふたりで歌いたい」の熱唱に大声援。
アッコさんはせっかく赤いヒールを用意したものの、サイズが合わず、手に持って歌いました。
08-03-01_19-06.jpgアンコールの「あの鐘を鳴らすのはあなた」も大受け。

この日、司会が余興の手伝いをすることになりました。
予定していた相手役が急遽欠席のため周囲に声をかけたものの断られたと聞いて、台本を見ると…。
(てめぇ、ふざけやがってこのヤロー、帰れetc)と、乱暴なセリフの連続です。
しかも相手のむなぐらをつかんで頬を平手打ちという流れ…。
このままでは不快感をいだくゲストがいないとも限りません。
言い方や動きを変えていいならと条件を出しました。

盛り上がっていたとは思えずトホホの結果でした。
その他にも新婦を囲んでの歌があり、08-03-01_19-25.jpgスィーツコーナーでのケーキシェアリングが行われ、ご退場となりました。
お着替えの間に新婦のお父様がご兄弟と一緒に「雪国」をご披露。
08-03-01_19-49.jpgそれを手拍子で応援するご親族。

さて、キャンドルサービスもスムーズに進行。
08-03-01_17-23.jpg

新郎新婦はこんぺい糖をプレゼントしながら送賓となりました。
ロックミュージックに彩られた披露宴はライブ感いっぱいでした。
ロックは大音量で激しい音楽だと思っていましたが全く違う味わいのある選曲でした。
「メタリカ」、この名前を覚えたことも今日の収穫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください