テーマは「喜ばせたい、楽しんでもらいたい」

今回の人前結婚式では友人が司式者を務めます。
小ネタが好きな新郎は「聖書の代わりに少年雑誌とかはどう?」ですって。
司式をするのははじめての友人は新郎と相談してしっかりとした進行内容をつくってました。
ところどころクスッと笑える内容に仕上がっていました。
09-07-25_15-54ほのぼのボードがゲストを迎えます。
09-07-25_16-09控え室のお二人です。
さぁ、挙式のリハーサルをしましょう♪
09-07-25_16-38新婦をバージンロードでお迎えして09-07-25_16-43指輪の交換もスムーズ。
キッスの練習もOK。
これなら本番も大丈夫。
09-07-25_17-11ベリー味のケーキがセットされて、披露宴の準備は万端整いました。

本番の挙式はリハーサル以上にうまくいき、司式者がお友だちならではの笑いもふんだんにありました。
フラワーシャワーの中メインテーブルに移動して新郎から一言ご挨拶。
新郎は自分スタイルの印象的な結婚式と披露パーティにしたかったことをお話なさいました。
プロフィール紹介後祝辞をちょうだいして乾杯です。
09-07-25_18-22ご歓談を迎えてまもなくテーブルごとに記念写真。
このあたりからもう場内は華やぎとくつろぎムード満点です。
新郎新婦ともに周りを楽しませたい、喜ばせたいというお人柄。
ゲストが喜んでくれるなら何でもするゾの意気込みです。
09-07-25_18-48お友だちが考えた余興はクイズ。
それぞれ答えが見えないように座らされ、数々の質問に答えるのですが、なかなか一致しません。
答えがあわなくて汗だくの新郎の表情に爆笑の場内。

09-07-25_19-05もう一組のゲストたちがつくったDVDも大作でした。
お二人と共通の趣味の仲間たちが一言ずつメッセージを述べます。

続いてのブーケプルズではハズレの女性たちに、なんと、独身男性リストが配られました。
これはすごーく実用的なプレゼント。新郎新婦のアイディアです。
新婦はブーケをゲットしたお友だちと一緒に退場しました。

30分後振袖姿で再入場され、これはお色直しクイズの答えでしたから、入場すると同時に歓声が上がりました。
当選者の中から3人にはリーズナブルなデイリーワインがプレゼントされ、1人にドンペリ!
数万円する代物です!
これもゲストに喜んでもらいたいという気持ちの現われでしょう。
09-07-25_20-03夏色の振袖に小ぶりのブーケを持ち、かわいらしさが花開く新婦。
この振袖は新郎のお姉さまのお着物。

ホントにお二人らしい小ネタありのオリジナルのパーティでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください