演劇の力って

09-09-04_23-21津軽鉄道の芦野公園駅で行われた、太宰治原作の演劇「津軽」を観賞。

久々に感動を味わいました。

ホンモノの列車が到着して、そこから役者たちが降ります。
幕間に県産品の弁当が配られました。
ラストは涙腺ゆるみました。

津軽に生まれて津軽に育ってよかったー 思わせてくれる演劇の力ってすごっ。
脚本演出の長谷川孝治さんってすごっ。
アンケートに「長谷川さんって青森の財産だ」と書いて出しました。
「津軽」、大満足でした。

演劇の力って」への2件のフィードバック

  1. はじめましてー。私は今回の舞台「津軽」に一般参加(出演)させていただいた者の1人です。この舞台でますます津軽のことを好きになったとのコメントがとてもうれしかったです。ご来場くださり本当にありがとうございました。長谷川さんってホントにすごいですよねー。

  2. 出演者から直接コメントをいただけるなんて!
    「津軽」は、今かかわっている県立美術館のドラマリーディングの勉強にもなると思って見に行きました。
    長谷川さんの企画には目が離せないって感じですよね。

    しげさんはどんな方か存じませんが、私とどこかで縁があるかもしれません。
    津軽人として地元が好きでいられることに幸せを感じます。

    レスありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください