和風で

09-09-05_11-0812今回のウェルカムボードはシックな秋色の縁どり。
大河ドラマ「篤姫」のテーマ曲によく合う豪華な錦の色打掛姿で、落ち着いた歩みの新婦はまるで篤姫そのもののように見えました。
09-09-05_11-08 新郎新婦とご祝辞の方と4人で祝い鏡を開きます。
掛け声も勇ましく、パッカーン開いたふたは、ばしゃっとお酒の中に。
樽酒は自由に飲んでいただけるようにそばに枡を置きます。
杉のにおいのする枡でした。
09-09-05_13-59こちらのおチビ君は新郎の甥ごさん。
余興のトップバッターとして、ロビーからパーッと会場に飛び込みました。
ご本人はドラクエ大好きっ子!
星空の戦士になりきって新郎に切りかかります。
「えいっ、とうっ」「ぎゃーーー、やられたーー」ドラゴンクエストのBGM響く中、新郎と闘いのアクションは続きました。
勝利者は甥っ子。
「かわいいーっっっ」と悲鳴にも似た声援と退場曲の中、大満足の表情です。

09-09-05_12-55さて、新郎は消防団に所属しているので、ラッパ隊の仲間と一緒に観閲式などの式典用の演奏を披露してくれました。
トテトテチー、パッパッパッパパーという感じです。
赤い房がついてて金ぴかのラッパです。

09-09-05_13-35新郎新婦がケーキに入刀した後、急に場内が暗くなりました。
スクリーンに大写しになったのは新婦のご両親の結婚式。
35年前、ケーキ入刀の場面です。

驚いて照れ笑いのお父様。
顔を覆うようにして笑うお母様。
結婚記念日が近いご両親に新郎新婦から記念品が贈呈されました。

新郎のご両親とはダルマに目を入れるというセレモニーをしました。
お正月に二人で初詣をし、披露宴の時に使おうネとしまっておいたそうです。
新郎新婦が筆ペンで片目を黒々と塗り、ご両親をお呼びして片目を塗っていただきました。
ダルマに目を入れるのは願いが叶ったとき。
結婚式によく似合う儀式です。

09-09-05_14-43和風の演出は、しっとりして穏やかな新婦の雰囲気とマッチして、やすらぎを感じます。
『和』の演出がとても新鮮な披露宴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください