ムーミンとかトトロとか

「なんかムーミンとかトトロとかみたい」。
まもなく結婚披露宴をなさる新婦が新郎をこう表現しました。

お会いしたら、なるほど体型はそんな感じ。
P1010454

 

←これは私のトトロ。

 

でも彼はムーミンやトトロのぽわんとしたイメージとは違って金銭感覚しっかりだし、こだわり始めるととことん行く方のよう。
「年下なんで支えてやりたいんですよ」とスパッとおっしゃる新婦。
4つ違うだけの新婦と新郎はとてもフレンドリーなご夫妻です。

結婚へのアプローチも新婦からでした。
仕事で出会った初めての2時間で彼にアドレスを書いたメモを渡したという行動派。

そして今年の彼女の誕生日、彼は日付が変わった瞬間にナント!  100本の真紅のバラの花束を渡してプロポーズ! ! 
(花束の金額60000円なり)

9bd0ff01ed349e38

 

←100本のバラってこのくらいのボリューム。

 

 

やりますねー、ムーミン君。
このドラマチックなサプライズに新婦の目は点。
そんなお話を伺った後のプロフィールはさくさくと作りあげることができました。

「あのう、司会者さんにお願いがあります」と新婦。
「津軽弁の司会を…」。

そばの新郎が「こんなにオシャレな会場で一度っきりの特別なパーティなんだからさ。雰囲気ってものがあるでしょ。それに津軽弁はこれからもいつでも使えるんだしさぁ」と却下。

新婦は私が津軽弁の民話を語る人だということを知ってて、どうやらお気に召してくださった様子。
それに、新婦はどこでもどなたにでも津軽弁で自然体で接する方です。

当日はどこかでチョロッと津軽弁使っちゃおうかな、なんて考え始めているわたしではありますが、さてさてどうしましょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください