登さんと明日香さん

P1010496  P1010497

 

畳のお部屋にテーブルと椅子。

 

お部屋の一角には披露宴で使われる花束なども登場順に準備されています。

P1010499
P1010501

 

 

場内のあしらいも整いました。前菜のセッティングもできました。

 

明日香さんのお支度部屋におじゃましました。
「(花嫁さんが)こんなに歯を見せて笑ってもいいのかしら」とにこにこ。

P1010498

 

 

美容師さんは「私、個人的に角隠しって好きなんですよ、呼び方はともかく」。

迎賓は綿帽子。
P1010500

 

 

 

P1010502

 

 

宴のはじめに新郎がショートスピーチです。

 

気になった新郎新婦のご入場の足元ですが、お履物のままでした。
「実は海老蔵さんたちの披露宴に影響されて…」と鏡開きを取り入れられ、三度のよいしょの掛け声で祝槌を当てられました。

洋装でもお履物そのままで畳のお部屋にご入場。
P1010503

P1010504

 

 

 

 

おいっ子さんや姪っ子さんから花束贈呈のあと、出席者全員から一言ずつことばをいただくことになりました。
それぞれの「おめでとう」の途中で新婦の亡きお父様のことが話題になりました。
このあたりからゲストのみなさまの思いは新婦のお父様のことで一杯に…。
新婦のおばあちゃまが、「息子亡き後、一人でりっぱに子育てしてくれてありがとう。本当にありがとう」と新婦のお母様に深々とおじぎされ、涙、涙。

私も早くに父を亡くし母が頑張って育ててくれましたから、気持ちが痛いほどわかってジーン。

でも進行しなくては。
さぁ、余興です。
P1010505「○○ちゃん、がんばれっ!」

「いいぞいいぞ」と声援が飛びます。

P1010506P1010508

 

 

お部屋の一角では、いとこたちやおじさんたちの一気飲みが始まっちゃいました。

「もう無理、もうだめ」「いやいやまだイケル」といいながら6~7杯もいっちゃったようです。

新婦のお気に入りの曲「シャララ 希望の歌」で入場されP1010509、後半はケーキをテーブルサーヴ。

 

P1010511P1010512

 

 

テーブル毎にお写真も撮りながら。P1010510

 

和室だから、というこだわりがない自然な披露宴になりました。P1010513

 

 

足の裏に畳のソフトな感触を味わいながら、お二人の幸せを祈りました。
畳の優しさを実感できた結婚披露宴でもありました。

思いやりを大切にお互いを尊重し合うことを約束しあったお二人です。
そんなお二人を拝見しながら、結婚ってホントにいいなぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください