鉢巻に『必勝』

新郎が「必勝」と書かれた鉢巻をしてガッツポーズで入場し、大いなる注目を浴びながらメインテーブルへ。

新婦は現役の学生さん。
予備校生として勉学を続ける彼女に一目ぼれの塾講師が新郎です。
30代の新婦の真剣な向学心に惹かれてプロポーズ。
最初は相手にされなかったそうですが、ともに教え教わるうちに親しくなっていきました。

その指導ぶりが披露宴で再現されました。
ホワイトボード前の姿はまさに熱血塾講師。

お客様も興味津々でお食事の手が止まります。
塾通いの経験がない私も塾ってこうなんだと新発見の気分です。

こんな披露宴を思い出したのは、友人の子どもが大学受験を目指していることをお聞きしたから。
私、司会を通じてけっこういろんな経験させていただいてるなぁ。

鉢巻に『必勝』」への1件のフィードバック

  1. それ、私の先生でもあります。
    何年前だったか忘れましたが、あの結婚式の時の司会者さんが田仲さんだったなんて気付きませんでした!
    でも楽しかったということはよく覚えています。

    結婚式ではほんとに塾のことをやってました。
    すごく面白い先生だし、それをみんなの前で結婚式でやるって初めて見ました。
    結婚式ってあんなこともやっていいんだーって思いました。
    面白かったです。私も思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください