やっぱ「よされ」は楽し

19時の花火とともに御幸公園を出発する25団体。

今回20番目のグループだったので市道に出るまで時間がかかり、公園の中で輪踊りが始まっちゃいました。

ほっほっほっ、ソレ(´ー`* )))) ~♪ ((((*´ー`)~♪ チョチョンがちょん。 

流れの中にはなんかよくわかんない着ぐるみたちもいて、台車で移動。
こらこら踊れよキミたちも。

黒石市は城下町。
道幅が狭いので沿道のギャラリーとも声をかけたりかけられたりしながら三列横隊で流します。
   

流れが止まって、観客と一緒に踊るのが輪踊り。
「ほーいほい」という掛け声のドダレバヂとか踊りに種類がありますが、どれも短い動きの繰り返しなのですぐ覚えられるものばかり。
3回ほどそういう場面があります。

小さい頃から踊っているおじいちゃんおばあちゃんが、しなやかな手さばき足さばきで手本を示してくれ、拍手がわいて、みんなニコニコ。
平和なお盆です。
にぎやかに楽しく、ただ一心に踊るということだけに集中する夜です。

鼓の演奏者と踊り終えた私のほっとしたところを息子に写してもらいました。

けっこうヘトヘトです。
でも「踊りにメリハリあって上手かったよ」という息子の反応にご機嫌。

今年はライオンズクラブさんから浴衣をお借りして身軽でしたが、汗だくのままお返しするのは申し訳ないので来年は自分のすずめ柄の浴衣で踊ることにしましょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください