平日であろうと吉日で


お祖母様がとても楽しみにしていた孫のご婚儀。

絶対にこの日でなくてはならないと選んでくださった吉日は平日。

新郎が大好きなお祖母様のご意向を大切に、新婦のご家族も賛同して平日お昼過ぎの宴となりました。

会場側も関わるすべてのスタッフも余裕を持ってていねいに接客できますし、平日のウェデングパーティーがもう少し一般的になったらいいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。