花火だぁ

VFSH0090.jpegこの日の二人の実家は、ともにリンゴづくりに携わっています。
会場の40席の名前はすべてリンゴの品種名。

青森を代表する「ふじ」から始まって「つがる」「黄林(おうりん)」「陸奥(むつ)」「ジョナゴールド」「さんさ」「トキ」「紅玉(こうぎょく)」「スターキング」「あかね」「北斗」「陽光(ようこう)」「黄王(きおう)」「北紅(きたくれない)」「千秋(せんしゅう)」「おいらせ」「世界一」「金星」「祝(いわい)」「アルプス乙女」「紅夏(べにか)」「シナノスイート」「津軽ゴールド」「シナノゴールド」「大紅栄(だいこうえい)」「栄黄雅(えいこうが)」「星の金貨」「黄明(こうめい)」「安祈世(あきよ)」「幸寿(こうじゅ)」「早生(わせ)ふじ」「スタークジャンボ」「シナノレッド」「ハックナイン」「ミキライフ」「印度(いんど)」「花祝(はないわい)」「夏緑(なつみどり)」「国光(こっこう)」 ふぅぅ。
ほんの一部だそうです。

新婦に続いて新郎がお色直しの時間、三男坊の彼はお兄さん達と手をつないで3人で退場となりました。
その姿に新郎のお母様が泣き笑いです。
ドアのところでお兄さんたちが新郎を胴上げ!
私にも三人の息子がいるのでなんかジーンとしてしまいます。

余興では新郎のお母様が所属する芸能文化協会の皆様が登山ばやしやねぶた囃子のご披露。
vfsh0095.jpeg
お母様も加わって弘前ねぷた、五所川原ねぶた、青森ねぶたとそれぞれに掛け声も勇ましく場内が一体になりました。

さて、外はたっぷり暗くなりました。

ウェディングドレス姿の新婦を迎える時間になり場内のお客様が会場の前庭にグラスキャンドルを持って並びました。
その間を二人が歩き、夜空にウェディングベルを響かせます。
と、花火が上がりました。
ガゼボはうぉーーーという大歓声に包まれます。
噴水によじ登ってカメラを向ける人もいる人だかりのセレモニーになりました。
VFSH0091.jpegこの後のキャンドルサービスの元火は両家のお母様の持つグラスキャンドルからいただいてスタート。

雨なら花火は中止でしたから、この日、華やかな思い出をつくることができてホッとしました。
私も充分に楽しんだ披露宴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください