アロマで彩る

花嫁さんはアロマテラピスト。
いつかはアロマのお店を持ちたいという夢があります。

披露宴当日は自分の好きな香りで場内を満たしたいと、テーブルにオイルを含ませたドライハーブを飾ることになりました。
お料理の香りと混じらないかと心配していた担当者さんも、実際のハーブグラスを見て一安心。7fff80b6dbb4512c.jpg

小さなグラスはまるでプリンか何かのように愛らしく、打合せのお部屋にかすかに甘い香りが漂います。
光や音の演出に香りが加わり、新しいウェディングパーティが始まりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください